保険料の計算方法なら

国民健康保険の保険料がどのように算出されているのか!? あなたはご存知ですか!? 結構、気になるところですよね。
(笑顔) そこで今回は、この保険料の計算方法について説明していきます。
参考にしてください。
<保険料について> ■「医療分の保険料」と「後期高齢者支援金分の保険料」と「介護分の保険料」の合計額から成り立っています。
それぞれにつき以下のものがあります。
「所得割」、 「資産割」、 「平等割」、 「均等割」 この4つのポイントで算出しています。
『所得割』 世帯の所得に応じ「所得額*料率」で算定します。
これには2種類の方式があります。
1つは、「住民税」や「市民税」に対して保険料率をかける「住民税方式」です。
2つ目は、総所得金額から33万円の基礎控除額を引いたものに保険料率をかける「旧ただし書き方式」になります。
※ 現在は、98%の自治体において「旧ただし書き方式」が採用されています。
『資産割』 世帯の資産に応じ「固定資産税額*料率」で算定します。
一世帯当たりいくらで算定します。
『均等割』 その為、住んでいる地域により保険料が大きく違ってきます。
また、保険料には上限金額が設定されています。
この上限金額と言うのは、毎年のように見直されています。
2011年度の例で言えば、医療分の保険料が51万円です。
あと、介護分の保険料は12万円です。
そして、総額で77万円と言うことになります。
上限金額は、毎年少しずつ上がっていますよね。
自分の保険料の計算方法、上限金額が知りたい時は、国民健康保険の手続きをする時に窓口で確認してみると良いですね。
保険入るなら貯金したほうがいい?自家保険!【生命保険必要ないの?】