住宅ローンの返済比率と年収の関係は?

住宅購入に関する雑誌をみると、「住宅ローンの返済負担は年収の25%」と書かれています。住宅ローン年収のサイトのシミュレーションをみてみると例えば税込年収600万円の場合、25%というと150万円。12ヵ月で割ると12万5千円、ボーナス払いを3カ月分入れれば15カ月で割るのでちょうど10万円です。家賃負担と比べても大差がありません。ですが社会保険、税金を20%として手取り年収で同じように計算すると一月の収入は32万円です。そこからローン返済として10万円が引かれ、さらにそこから食費や医療費等の住居費を支払うことになります。またボーナス収入からボーナス払い分を引いた66万円が手元に残ります。この金額から貯蓄用として当てても、やっていけない金額ではありません。この金額の場合、金利3%、35年返済として考えると、年間返済額150万円で借りられる金額は3250万円です。頭金を820万円用意すると4070万円の物件が買える計算になります。都心から離れれば、ファミリータイプの住宅に十分手が届く予算になります。

住宅ローンは年収の何倍まで?借入れ限度の目安!【審査通る基準は?】
住宅ローンは年収の何倍が適正なのでしょうか?あなたの年収から考えて適正な金額の住宅ローンを組むための様々な条件をシミュレーションし研究しています。年収と住宅ローンの関係を知りたい方必見です。
www.getcialisdiscount.com/