フラット35住宅ローン返済中に失業したら?

万が一、フラット35住宅ローンを返済している時に失業した場合今後の返済はどうなってしまうのでしょうか。
万が一の時に備えてここで勉強しておきましょう。
今、どのような立場に自分が立っているのか確認します。
リストラされた原因が私にあるのか、それとも会社側の理由なのか理由によっては、退職した後の支給金に大きな差が出るからです。
職場の事由であれば、失業手当が1年間支給されるはずなので新たな職場探しをしながら、返済に充てるというのも方法です。
しかしながら、一回でも支払いが滞ってしまうと難しくなるので出来る事から一つ一つ確実にこなしていきましょう。
新しく家を購入するためにフラット35を申請したけど、金融機関の審査で落ちた方は少なくないのです。
どうしても理由が分らないという方は確認しましょう。
年収が400万円以上であるかどうかこれが大きなポイントです。
それから勤続年数が3年以上であるか、健康状態もみられます。
クレジットカードの支払いが遅れたことがある方は、信頼できない人と見なされ審査には通らないでしょう。
どうしても結果に納得の出来ないという方は、再度支払いがしっかり済んでいるか確認してみましょう。
審査基準を事前に把握しておくと安心ですね。
マイホームの購入を検討するとき、最初に思う事は資金をどうするか?という事ではないでしょうか。
全体的に、銀行から借り入れするフラット35住宅ローンを申し込む方法がおすすめです。
ローンの申し込みに関しては、家庭を支えている世帯主の名前で申請するのが一般的です。
期間は最長で35年もありますので銀行側もリスクに備えて団体信用生命保険を掛けます。
この保険の意味は、申請者に万が一のことがあり支払不可能になった場合残りのローンの支払義務がなくなる。
という内容になるっていうしね!
フラット35のよくある質問は?あなたの疑問を解決!【質問募集中!】